エキスパートアライアンス(EXAをウォッチしてみる

アクセスカウンタ

zoom RSS <雑談>モバイルスカイプ

<<   作成日時 : 2010/03/29 17:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

ちょっと時間ができたので、暇つぶし的にプチ更新などを。


某巨大掲示板に、日経WEBの以下の記事が引用されていました。

http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C9381959FE0E6E2E39C8DE0E6E2E1E0E2E3E29C9C91E2E2E2;bm=96958A9C93819499E0EAE2E2868DE0EAE2E1E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2
(3/31追記 既にリンク切れ)


アメリカ携帯会社大手のベライゾンが携帯端末でのスカイプの利用を認めた、という記事です。
さほど画期的なニュースでも無い気がします。

このニュースを引用した方は「分かる人だけ分かってください。月30ドルだってさ」
とのコメントをつけてこのURLを引用していました。

このコメントの意図がまるで量りかねます。
EXA肯定派が「こんなことができるのだからEXAの定額サービスも実現する」と言いたいのか、はたまたアンチが「こんなサービスが実現できるくらいだからEXAにはもはや意味が無い」と言いたいのか。

いずれにしても、別の方が既にコメントしていた通り、この記事は「EXAとは何の関係もない」話ですね。肯定的にも否定的にも。



これがどういう内容の記事かというと、
「これまでベライゾン社ではスマートフォンでのスカイプ利用を禁止していたが、月額30ドルの”パケ放題”に加入することを前提に解禁することとした」
というニュースなのです。スカイプアウトの利用料などの「通話料金」は別の話です。
特にインパクトがある内容でもありません。対iphoneという位置づけで解禁した、という流れは少々目新しいですが。

日本では現時点でも「スカイプが使えるスマートフォン」がありますので、いまさらどうこういう話でもないでしょう。

という訳で、今回の記事はEXAとは何のかかわりも無い、ということを再度繰り返しておきます。




で、以下は以前にも書きましたが、モバイルスカイプ考です。
以前の日記とダブるところも多いと思いますが、ご容赦を。


かなり前、イーモバイルのEM ONEを使ってスカイプのテストをしたことがあります。EM ONEは携帯電話ではありませんが、まあ、スマートフォンと同じようなものと思ってください。
そのときの感触では、「かなり限定されたシーンでしか使えない」という印象でした。
音質はあまりよくない。着信も厳しい。当時はスカイプオンライン番号も日本は対応していませんでしたが、あったとしてもこれで携帯端末に着信するのはあまり現実的ではないのです。常時オンラインにしたままでいると携帯端末のバッテリーが持ちません。
と考えると、日常生活でのモバイルスカイプの優位性はあまりない、というのが私の見解でした。
環境がかわりつつあるので、今はもう少しマシになっているかも知れませんが、ホビーの世界以外ではあまり食指が動きません。
モバイルでのスカイプ会話、となると、「お互いが」スマートフォン保持者でスカイプを入れていて、若干面倒くさい操作も苦にならない人しかやろうと思わないですからね。まだまだ該当者は少ないでしょう。国内でのビジネスシーンでは、まだまだ実用には至っていないと思います。
尤も、携帯から海外への通話が多い人で、既にデスクトップではスカイプを使っている、などという人には魅力的かもしれません。


確かにアメリカだと月額プランで携帯電話宛にも定額で話せたりしますが※1、日本の場合、対携帯だと約20円/分ですので、やはりスカイプを使う手間に対するコストメリットはさほど大きくないですね。



という訳で、昔書いたネタも含めた、全くの雑談です。
こういうとき、自分のblogを持っていると便利ですね。長々と巨大掲示板に書くわけには行かないけど、ここなら好きに書けますから(読んでくださる人数は格段に異なりますが)。
コメントを承認制にしてしまったため、私の文章に誤りがあってもすぐにコメントで指摘いただく事ができないことが残念です。
しかし、少なくとも今のところは承認制をやめる気はありません。今の某巨大掲示板を見ていると、あのタイミングで承認制に移行してよかったな、とつくづく思います。あくまで結果論ですが。
とはいえ、特に私の記述内容の誤りに関する指摘はなるべく早く掲示するようにしますので、ご了承ください。

※1:スカイプの月額プランを利用すると、アメリカ国内には携帯電話宛も含めて月額固定料金で電話ができます。
 但し、米国の場合は課金ルールが日本とは異なり、着信側にも負担があったりしますので、単純に日本の通話料とは比較できません。
 ここだけを見て「日本は通話料が高すぎる!」と批判する人がいますが、条件が違うことを理解したうえで議論いただければと思います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
モバイルスカイプ利用の件、非常に参考になりました。
EXA社さんの携帯のビジネスモデルを聞いた時、スマートフォンでスカイプを利用するのは現実的かと検討したので、実際に試したことのある方の意見を聞けて非常に参考になりました。
さて、EXA社さんの件は、結局カナリア諸島様の推論が結果的に一番正しかったようですね。
個人的には、あの会社で何故携帯ビジネスに算入し、またそのビジネスを継続的に実施していけると判断したのか正確な所を知りたいとは思っています。
ただ、基本的に隠蔽体質の企業体みたいですので、無理な注文でしょうね。
まあ、特別な車で騒音を鳴らす人達とか、化粧品ビジネスへの算入とか別な意味で盛り上がっているようです。
当初は、携帯電話の新しいビジネスモデルが生まれるのではとの好奇心もあり注意して経過を観察していましたが、どうやらそのような新風をおこすような実力を持った企業体では無いことが理解できました。
通りすがりの野次馬
2010/03/31 07:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
<雑談>モバイルスカイプ エキスパートアライアンス(EXAをウォッチしてみる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる